主婦が民泊始めました。Airbnbドタバタ日記

子持ちの主婦が外国人を家に受け入れる、そのドタバタ騒動を綴ります。

学生ゲストがチェックイン。会話が弾む和やかな夕べ

こんにちは、家の一室で海外旅行者を受け入れているドタバタ主婦です。
新たに若者学生2グループがチェックインしました。アメリカと香港からです。片方はカップルです。

到着日は夕飯は各自で、その後一緒に家でビールとおつまみを用意して飲みました。両組とも、事前に東京➡️大阪京都➡️また東京とairbnbを使って民泊の旅をしてきているので、初めての日本も慣れた感じです。wifiも自分たちで用意していて、チェックインもまぁまぁスムーズでした。
でも私としては、あー他と比べられたくないなっていうのが本音??

今回は学生同士。お互いに「自国に来たことはある?」とか「なに勉強している?」「どこのご飯が美味しかった?」とか、積極的に交流をとってくれて助かりました。
夕飯は、焼き鳥の居酒屋に行ってきたようで「これ何かわからないけど美味しかったー、名前わからないから写真を撮った」と見せてくれました。見せてもらいましたが、何かわかりませんでした笑 若者はチャレンジャーです。

私に対しては、「いつ日本にきたの?」と。
いやいやいや、産まれてからずっと日本です。どうやら、家のあちこちに中国系の人にもらったお土産を貼ったり、中国系の人が置いて行ったパンフレットなど置いておいたからか、それともairbnbをやっている中国人が多いからか、これ、たまに聞かれるんですよね。中国系かもしれないと思われているようです。なんだかショックですが・・・。先祖代々日本人ですが・・・苗字を明らかにしてないからかな。まぁきっと日本人離れした体型のせいかも〜っとポジティブに考えておこ。

次に聞かれた質問は
「どこで夫と出会ったの?」
これも結構聞かれるんです。
実は私たちは超スピード結婚。出会ったときから、あっ私この人の老後の世話するかもと思いました。ははは。馬鹿ですね。
出会って1ヶ月で、すでに家族になりたいと話して同棲開始、7ヶ月後に結婚式(笑) 8ヶ月後に出産(爆)
早産だったんで・・・

そんなこんなで不思議に思われるのか皆んなに聞かれ、いつも割と正直に夫婦のなり染め話をしているのです。
いつもの調子で笑われながら「素敵!」と言われました。
それではと、ゲストカップルに「じゃぁあなたたちは?いつどこで出会ったの?」と聞くと、照れに照れて全然教えてくれません。

な、なんだ、こういうリアクションアリなんだ・・・。いつも馬鹿正直に話している私って一体。
男性「行きの飛行機で出会ったんだよー、」とか、「さっきそこの角でばったり会って、ついてこられたんだ」とか照れ照れで冗談言っていました。

ひとしきり笑ったところで、「大学で?」と聞くと、「うーん、もう10年以上になるから」と曖昧に誤魔化されました。「2005年だったかな、もう忘れたよ」
と!2005年が10年以上前で、若者にとっては遠い昔なんだということに驚きました。私にとっては結構最近なんだけど。

その後私たち夫婦に「東京でいくべき場所はどこ?」ときかれ、うーーーむと唸ってしまいました。「お台場、かな。」「一般的に旅行者は、みんな浅草、上野、新宿、原宿、代々木公園や明治神宮、渋谷にいく」と答えました。

これ難しい質問ですね。【私がおすすめしたい東京でここっていうところ】その人が何が好きかによるし。
お台場は、以前に来たゲストが、かなり気に入っていて2日続けて行っていたから、おすすめしてみましたが、ショッピングに興味あるタイプじゃないと意味ないかな。

個人的には埼玉の奥にある、個室もあり浴衣も選べる日帰り温泉や、奥多摩のアクティビティなんかおすすめというか私は好きですが、たくさんの人が入るお風呂は嫌って人もいるし勧めにくいです。あ、でもこれ東京じゃなかった。

会話も弾み、ビールも進み、最近ゲストで利用率が多いSnapchat?顔を交換できたり、顔に犬の耳やウサギの耳がつくアプリで息子と遊んでもらい楽しみました。
初日から交流をとり和やかな時を過ごしました。

翌朝、心配していたマットレス(以前質が悪い、眠れないとお金持ちリタイア夫婦にフィードバックで書かれた)についてカップルに思い切って聞いてみました。そうすると「ぐっすり眠れた」と言われました。ホッ。
私「もし皆んなが良くないと言ったら、厚いマットレスに買い替えようと思っているのだけど」と聞いたところ「私はソフトで気に入っているわ」と言われました。あー良かった良かった。