主婦が民泊始めました。Airbnbドタバタ日記

子持ちの主婦が外国人を家に受け入れる、そのドタバタ騒動を綴ります。

後味悪いレビュー後のやりとり

こんにちは、家の一室で海外旅行者を受け入れているドタバタ主婦です。

前回の記事のクレクレゲストからレビューが即効届き、夫からも言われたので、「事実をありのままに」レビューすることにしました。

でも、ゲストがいる間はどんなにずれたことを聞かれ「はぁ!?」と思ってもそれを出さず、笑顔で、なるべくフレンドリーに積極的に話しかけ、好意を持って接するようにしているのに、いなくなった後レビューでダメ出しというか、思ったことをはっきり書くのは気まずいですよね。
本当に気が引けました。正直そんな悪意がある人ではないし・・・。
なんども見直しし書き直しました。

今までも一回そういうことがあり、その時は最初に少し褒めてから、こういうことがあった、これが残念だった、というように書きました。
その時も自分たちは、低めのレビューを書いたけれど、ゲストからは高評価で、少し悪いことをしたような気分になりました。
それからはレビューは多少の違和感は目を瞑り、基本良いことだけ書いていましたが、中国からのゲストで酷評をうけたことがあり、やはり自分たちも正直に違和感も伝えた方がいいんだな、と思うようになりました。

ということで丁寧に、正直に、できるだけ事実の描写を淡々と、というかんじのレビューを書いたところ・・

申し訳無かったけれど、そんな厳しいレビューで気分が悪くなった、建前の文化がないのでわからなかった。なんでも聞くことから会話が始まると思っている。厳しいレビューでおどろいた。

とメッセージがきました。

あ、この人なんで厳しいレビュー受けたか全然わかってないなぁ。
一つ一つ書いたことをもっと自分で検証してほしいのだけれど・・
ものすごくマイペースで、全てにおいて発言がはてなマークが浮かぶくらいずれていたのだけど。


でも他のレビューはやはり良いレビューなので、私たちに余裕がなかった、ゲストとして迎えるに神経質になりすぎていたのかもしれません。なによりお客様は神様ですものね・・。

最近、昔は楽しんで観ていたテレビの「YOUは何しに」も、「ほらねーなんで全然調べないで、来ちゃうの?なんでこんな行き当たりバッタリ?!日本人の好意に頼りまくって・・」とイライラしてしまいます。重症だ・・・。

この一件でややモチベーションも下がり、もともと乳幼児子育てと並行するには無理があるなと強く感じるようになりました。
もうやめたい・・

しかし10月にリピーターと決まっている予約と、2件入っています。
そして8月の問い合わせがぼちぼちきます。

うーん。リストを閉じようか迷っています。