主婦が民泊始めました。Airbnbドタバタ日記

子持ちの主婦が外国人を家に受け入れる、そのドタバタ騒動を綴ります。

長期滞在のBさんと最期の食事〜民泊もいいなぁとしみじみ

こんばんは、自宅の一室で海外旅行者を受け入れているドタバタ主婦です。
前回の続きです。
とうとう最期の日となったBさん。
女性経営者一人旅。うちに泊まりながら日本語学校に通いながら、度々自国に会議のために帰ったり,週末は山に泊まったり、ハイキングに行ったり、とてもパワフルでアクティブで素敵な中年女性です。素直に憧れます。
3ヶ月の滞在中は仕事や生き方や子育て、色んなアドバイスをもらいました。こんなすばらしいゲストに出会えるなんて、やっぱり民泊もいいなぁと改めて思います。まぁつい先日めっちゃ止めたくなったのですが・・・。
もうこんなゲスト、なかなかいないだろうなぁ??

先週末、別のゲストと家族とも一緒に、Bさんの得意料理ラムチョップでパーティーもしたのですが、最期のディナーはBさんのために和食にしようと、私と子どもと三人でささやかな食事をしました。
Bさんの好きなひじき煮、キンピラ、野菜いっぱいの味噌汁に鮭の乗ったご飯、浅漬け、そしてメインは天ぷらに挑戦!!
天ぷらって実は年に一回やるかやらないかで、めったに作ったことありません。
だいたい油を大量に消費するような料理は、貧乏性の私にはちょっと敷居が高いんですよね。なので唐揚げも、たまーにしか作らないし、作るときは油も少なく揚げているというより焼いてる状態。まぁヘルシーっていうことで。

でもBさんのためとなれば、真面目に正統派の天ぷらを作らねば!と大きなエビ、春菊、ナス、きのこを用意しました。

夫のために作るときは、適当な小麦粉に常温の水とたまごで適当につくるのですが、クックパドで見てみると、皆さん「天ぷら粉」を使っている・・・天ぷら粉ってなに!?

薄力粉でいいじゃんーと思い保存してあった粉を取り出すと、残念なことに強力粉でした。(T_T)
ネットで調べると、「コツのいらない天ぷら粉」と言うのが作りやすく良いらしかったので、Bさんに近くのスーパーに行くと伝えたのですが、「私も何か小麦粉があったわ、これを使って」と言われ、見てみると「すいとん粉」。
すいとんを作る時の粉でした。

・・・すいとん粉と強力粉半々で作りました?
しかし、ここで奇跡が!!
なぞの粉を混ぜ合わせたにも関わらず、カリッと揚げられて美味しくできたのです。水をちゃんと冷やしたからかな?

Bさんにも美味しく食べてもらえ、二人でワインをあけ、乾杯し、最期のディナーを楽しみました。
桜の絵が描かれたランチョンマットをひいたのですが、食べる前に息子にぐちゃぐちゃにされ?
Bさんからプチギフトと手紙を頂き、ついウルウルしてしまいました。
次の日のチェックアウトは名残惜しく、朝食も一緒に食べ、夫と子どもと手紙を渡して一緒にさよならをしました。

夫と話し合い、もうBさんは家族のようなもので、ずっと一緒に居たかった。他にもちらほらまた会いたい、ぜひ泊まってほしい素敵な人がいます。そういう人はフリーでもいいよね、と決めました。
実際清掃もベッドメイクもなにもかも私がやっているので、仕事と思えば時給くらいくれーという感じですが、友人のためなら苦じゃありません。
(といいつつも、たまにですが、私は掃除のおばさんじゃーない!掃除のプロとか仕事出来る誰か雇え!と爆発してしまいます。ルンバ欲しい)
Bさんには、もしこの次来る時は無料で泊まってねと手紙に書いておきました。
Bさんはしっかりゴミも綺麗に分別してくれていました。色んな会議や経営者が集まるセミナー?のようなものに出席していたので資料や雑誌が沢山です。何か勉強になるかなーと見てみた「ハーバードビジネスレビュー」、日本語なのに全く頭に入ってきませんでした....
絵本と赤ちゃん番組しか見ていないせいか、頭が溶けているかも?